FX初心者が知らなきゃ損するオススメの手法

手法によってはFX初心者でも簡単に稼げる?

手法によってはFX初心者でも簡単に稼げる?

FXは手法が大事。どんな手法を身に着けようか。

なんてことを思うFX初心者は多い。確かに手法がなければ負ける。

しかし、どんな手法でも勝てるかと言われればそうでもない。私なんて、実際には1個しか使っていない。

というか、稼いでいる人はトレンドフォロー手法をメインにしている。

他の手法を使ったりもするが、多くはトレンドフォローだ。

この記事では、稼いでいるトレーダーが使っているトレンドフォロー手法を中心に話をしていく。

FXは甘くない。手法は勝てないことが多い。

FXの勉強をすると勝つために必ず出てくるのが、手法だ。

大抵のFXのブログや本でオススメの手法について出てくることが多い。

FXのトレード手法には、さまざまなものがある。

著名なトレード手法は、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期トレードになる。

私も、多くの本やブログがオススメする、短期で利益を取ることが出来るスキャルピングを実践した。

しかし、確かに小さく利益を取ることは出来る。

しかしなかなか損切りをすることが出来ずに小さく勝って大きく負けることの繰り返しだった。

FXにおいて勝つための鉄則は利大損小である。

利益は大きくとり損失は小さくするのが投資で勝つための鉄則になる。

しかしこの利大損傷を実践するのはとても難しいことなのだ。

なぜなら人間の本能は、損大利小で出来ているからだ。

どんな人でも、損失を負うことや利益が少なくなることを嫌がる。

人間の本能に従ってトレードすると絶対に勝てないのがFXである。

そのためにトレード手法があるのだ。

しかし世の中には、数多くのオススメされているトレード手法があるが、多くのトレード手法では、勝つことが難しい。

しかし、私は、ある手法に出会ってからFXで大きく勝つことが出来るようになった。

おかげでサラリーマンを辞めることが出来、今は海外を転々としながら悠々自適に暮らすことが出来ている。

そのオススメの手法とは、トレンドフォロー手法だ。

次の章で、トレンドフォロー手法について、詳しく説明をする。

トレンドフォローだけで稼ぐ

FXで勝つためにオススメの手法は、トレンドフォロー手法だ。

トレンドフォロー手法とは、トレンドに従った取引をすることだ。

日本語にすると、「順張り」という手法になる。

日本人はよく逆張りが好きな国民であるといわれている。

逆張りとは、トレンドとは逆の方向にエントリーをすることをいう。

みなさんの中でも逆張りが好きな人はいるのではないだろうか?

例えば、1 ドル110円ですっと推移しているところで急激に100円になった場合、割安だと感じてドル買い円売りをする人はいないだろうか?

これを逆張りという。

一見すると割安感があるので良い手法のように見える。

しかし相場は都合よくトレンド転換するわけではなく、基本的にはトレンド通り動くことのほうが圧倒的に多い。

この相場の特性を理解できるまで私は,時間がかかってしまった。

理屈は理解できてもなかなか実践することが出来なかった。

しかし、トレンドフォロー手法を芯まで理解できるようになってからは圧倒的にFXの勝率は上がった。

トレンドフォロー手法で利益を出すためのポイントは、一般的には4つあるといわれている。

しかし、後者2つに関しては、FX初心者ではなかなか難しいので参考にとどめていてほしい。

オススメは前者2つの手法になる。

トレンド転換した直後

トレンドフォロー手法で利益を出すための1つ目の手法は、トレンド転換した直後に、エントリーする手法だ。

トレンド転換した直後というのは、新しいトレンドが発生した時になる。

トレンドというのは、発生した時が最も勢いがありトレンド方向に伸びるに従ってその勢いは徐々に失われていく。

したがってトレンド転換が確認出来たらその転換した方向へ全力でエントリーすれば大きく勝つことが出来るのだ。

ブレイクアウトした直後

トレンドフォロー手法で利益を出すための2つ目の手法は、ブレイクアウトした直後に、エントリーすることだ。

ブレイクアウトとは、レンジ相場でトレンドの方向性がない時に、一方方向にレンジを突き破ることをいう。

このブレイクアウトした直後にエントリーをすることが出来れば、FXで大きく勝つことが出来る。

特にレンジの幅が狭くレンジの期間が長いほど、その後に生まれるトレンドは強くなる。

以上2点がトレンドフォロー手法で勝つ王道の手法になる。

次にあげる2点は、一般的には、トレンドフォロー手法で勝つための方法によく出ているがFX初心者には難しい手法になるので参考程度に考えていただけると幸いだ。

トレンドの押し目

トレンドが出ているときに押し目でエントリーする方法だ。押し目を図るポイントで代表的なのは、以下の5つになる。

1、トレンドライン
2、水平線
3、移動平均線
4、フィボナッチ·リトレースメント
5、板情報

といわれている。

確かにトレンドが出ているときの押し目にエントリーをすることが出来れば大きく利益を出すことは可能だ。

しかし押し目でエントリーすることは、FX初心者にとってはかなりハードルが高い。なぜなら押し目かトレンド転換かを読むのが難しいからだ。

FX初心者には、オススメ出来ない手法になる。

④長期足のレンジの両端
トレンドフォロー手法は、一般的に、トレンドが出た時に仕掛ける手法になる。

しかしやり方によってはレンジ相場でも実践することが出来る手法だ。

やり方は、レンジの端で値が跳ね返された直後だ。値が跳ね返るとトレンド転換が起こる。

これを利用してレンジの両端でエントリーと確定を繰り返す方法だ。

しかしこの手法も、FX初心者にとってはかなりハードルが高い。

なぜならレンジ相場の端がトレンド転換かを読むのが難しいからだ。

これもFX初心者には、オススメ出来ない手法になる。

トレンドフォローを確実に読む必要な知識

トレンドフォローの有用性については理解いただけたかと思う。

この章では、トレンドフォローを確実に読むために必要な知識について説明する。

この章で説明するトレンドフォローに必要な知識は、

・フィボナッチ

・ダウ理論

・本を読むこと(マーケットのテクニカル分析トレード手法と売買指標の完全総合ガイド)

の3つになる。

①フィボナッチ

トレンドフォローを確実に読むために必要な知識の1つ目は、フィボナッチだ。

フィボナッチとは、フィボナッチ比率にもとづいて価格の支持帯と抵抗帯を予想するツールになる。

FXでは、当然ではあるが、トレンドが発生しても一直線に進み続けることはない。

上昇トレンドであれば「押し目」を、下降トレンドであれば「戻し」を形成しながらトレンドは形成される。

フィボナッチを使うことで、押し目や戻しを予想しやすくなるのだ。

②ダウ理論

トレンドフォローを確実に読むために必要な知識の2つ目はダウ理論だ。

ダウ理論とは、市場の動きを評価するテクニカル分析の理論になる。ダウ理論は、6つの基本原則から構成されている。

1、価格(平均株価)は全ての事象を織り込む
2、トレンドは短期·中期·長期の3つに分類される
3、主要なトレンドは3つの段階から形成される
4、価格は相互に確認される必要がある
5、トレンドは出来高でも確認される必要がある
6,、トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

ダウ理論の中でも特にトレンドフォロー手法に必要な知識は、6番の「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」だ。

この理論をしっかり理解することがトレンドフォロー手法を取得するうえで重要になる。

本を読む(マーケットのテクニカル分析トレード手法と売買指標の完全総合ガイド)

トレンドフォローを確実に読むために必要な知識の3つ目は、本を読むことだ。

特にオススメなのが、マーケットのテクニカル升析~トレード手法と売買指標の完全総合ガイドという本になる。

FX初心者でも非常に読みやすい本になっているのでトレンドフォロー手法を身に着けたい人にとってオススメの本になる。

FX初心者が読んでおきたいおすすめの本まとめ

それでも勝率3割~損切りの徹底といかに波に乗れるか

トレンドフォロー手法は、数あるFXの手法の中でも勝ちやすいトレード手法であることに間違いはない。

しかしどんなにトレンドフォロー手法の知識を蓄えたとしても勝率は、3割程度になることが多い。

しかし勝率が3割でもしっかり利益を延ばし、損失は躊躇なく切ることが出来れば勝率3割でも資金は確実に増えるのだ。

トレンドフォロー手法で資金を確実に増やしていくには、躊躇のない損切りが非常に重要になる。

トレンドフォローについて詳しく書いてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です